Work
Environment

働く環境

Tomod’s

トモズ

創業以来トモズは、「最も身近な医療機関としてのドラッグストア」にこだわった店づくりを続けてきました。
患者様・お客様にとって快適な店であることはもちろん、きめ細やかなサービスを提供するためには、
スタッフが働きやすく、十分な能力を発揮できる職場環境づくりも欠かせません。
トモズでは薬剤師を中心としたプロフェッショナルが快適かつ正確に仕事ができるよう、様々な工夫を凝らした店舗設計を行っています。

外観

医療機関に相応しい清潔感のある外観

スタイリッシュで落ち着いた外観はトモズのこだわりの一つ。店内を清潔に保つため路面店は原則として自動ドアを採用し、外からも調剤室が分かるよう設計にしています。

内観

明るく整理の行き届いた店内

調剤受付だけでなく売り場も、「医療機関」に相応しい明るく清潔な空間を確保。お客様が落ち着いてお買い物できるよう、陳列棚もすっきり片付いています。

調剤受付

患者様が快適に過ごせる十分なスペース

調剤薬局としての機能を重視し、調剤受付は入店後すぐ目に入る場所にあります。患者様に快適に過ごしていただくため、十分な広さの受付スペースを設置しています。

調剤室

スムーズに調剤業務ができる面積を確保

面分業で展開するトモズは、処方箋の数・種類共に多く、薬剤師も複数人在籍している店舗がほとんどです。薬剤師の動きやすさと、医薬品の置き場所を確保するため、調剤室は広めに設計しています。

音声認識
薬歴支援
システム

薬歴入力を劇的に効率化

トモズでは全店に、声で薬歴を入力できるシステムを導入しています。これにより、薬歴にかかる時間を大幅に削減し、薬剤師の業務効率向上を実現しました。

調剤監査
システム

最新のシステムで業務効率を向上し
調剤ミスを確実に防止

トモズでは、自動散剤分包機、自動錠剤払出機などを積極的に導入しています。それにより調剤過誤防止や、服薬指導の時間確保に努めています。

360°バーチャルツアー

AMERICAN
PHARMACY

アメリカンファーマシー

アメリカンファーマシーの原型が誕生したのは戦後間もない1950年。
東京・飯倉坂上にあったアメリカ海軍将校倶楽部の一室にオープンした小さなお店が始まりです。
1952年には有楽町でアメリカンファーマシーという店名で営業を開始し、
主に外国人のお客様を対象に魅力的な輸入商品を提供していました。
トモズ傘下に入った今も、国内外の優れたサプリメントや化粧品、お菓子、雑貨などの販売を通じ、
豊かなライフスタイルを提案しています。

外観

洗練されたアメリカンデザイン

創業以来、長年のお客様がたくさんいらっしゃるアメリカンファーマシー。そのブランドイメージを守るため、店舗ロゴをはじめ洗練されたアメリカンデザインを踏襲しています。

内観

他では手に入らない輸入商品の宝庫

店内には、アメリカンファーマシー専属のバイヤーがアメリカで買い付けた輸入商品がずらり。健康意識の高いアメリカならではのサプリメントも充実しています。

INCLOVER

インクローバー

インクローバーは、これまでになかった新しいタイプのビューティーストアです。
その最大の特長は、一流ブランドの化粧品が気軽に自分のペースで選べること。
自由気ままに試したいときはセルフでお買い物ができ、
お時間があるときは店内にスタンバイしたビューティアドバイザーによる肌診断や対面カウンセリングを受けることも可能です。
ブランドミックスによるお買い物の効率化も評価されています。

外観

ラグジュアリーかつ親しみやすい雰囲気を演出

「一流ブランド化粧品に対する垣根を取り除きたい」という理念を掲げるインクローバー。外観も、ラグジュアリーながら気軽に入りやすい、フレンドリーな雰囲気となっています。

内観

ブランドの垣根を超えた自由なお買い物を実現

クロスブランドエリアでは、ブランド別ではなくアイテム別、機能別に商品を配列。気になる商品を試して比べながら、ブランドの枠を越えたベストな商品選びが実現します。

PAGE TOP