お客様の健康と美を支え続ける、
「かかりつけ管理栄養士」に
なりたい。

片岡 KATAOKA

2017年度入社
管理栄養士 / 登録販売者

Work Style

私がトモズを選んだ一番の理由は、管理栄養士の資格を活かしてお客様の健康や美容に貢献できるドラッグストアであること。管理栄養士であることを明示するバッジをつけて働けることや、資格手当が支給されることから、管理栄養士に対する期待度が高い会社だと感じました。現在私は店舗でレジ打ちや売り場管理をするとともに、お薬、栄養、美容に関するお客様からの相談に応えています。
相談業務の中では管理栄養士としての知識が役立つ場面も少なくありません。たとえば化粧品を販売するときに、「ビタミンCを摂ると日焼け防止に役立ちますよ」といった栄養面からのアドバイスをすると喜んでいただけますし、医薬品を購入されるお客様にも「このお薬には〇〇というビタミンが入っているのでこうした効能が期待できますよ」といったプラスαのアドバイスをすることができます。
私が仕事をする中で大切にしているのは、商品や栄養に関する知識だけでなく、お客様のニーズをしっかり聞き取ってカウンセリングすること。お薬や健康食品を提案するときも、目先の利益ではなく、お客様にしっかり納得していただいてご購入いただくことを重視しています。

Strengths

トモズは管理栄養士が活躍しやすいドラッグストアだと思います。特に私がやりがいを感じるのは、「骨密度測定会」や「からだ測定会」での仕事です。「骨密度測定会」はお客様の骨密度を測定して、その結果に基づいてお客様の生活習慣をヒアリングし、目標のカルシウム摂取量を達成するためのアドバイスや、おすすめのサプリメントの提案をするイベント。「からだ測定会」では骨密度だけでなく体組成や血圧も測り、より総合的なアドバイスを行います。私は先日初めてからだ測定会に参加したのですが、健康への関心の高いお客様を相手にこれまで学んできた栄養の知識を存分に活かすことができ、管理栄養士としてモチベーションが高まりました。お客様に適切なサプリメントをお勧めした結果ご満足いただき、「ありがとう、また来るわね」と声をかけていただいたときには、お客様のセルフメディケーションに貢献できたと実感し、うれしかったです。からだ測定会では他の管理栄養士も隣でカウンセリングをしているので、「こんな風にアドバイスをすればいいのか」と学ぶことも多く、「私ももっと商品知識や食べ物・栄養の知識を学ばなければ」と刺激を受けることができました。

Vision

私のこれからの目標は、お客様から「かかりつけ管理栄養士」と呼んでいただけるようになること。私の考える「かかりつけ管理栄養士」とは、継続的に一人のお客様の健康相談に乗り続ける人です。「ちょっと体調が悪いかな」というときに、すぐ病院に行ったり薬を買ったりするのではなく、まずは食べ物や健康食品で体調を改善したり、病気を予防していく、そのためのアドバイスができればと思っています。
トモズに来られたお客様が「帰って来た」と感じてくださるような、まるで第二の家族のような接客が私の理想です。そのためにも、トモズにおける管理栄養士の活躍の場がもっと増えればいいな、と考えています。たとえば全店舗で栄養相談を定期的に行い、お客様の健康情報をストックして継続的にアドバイスをする仕組みや、妊婦さんや赤ちゃんの栄養に関する相談会などができたら、地域のお客様との信頼もさらに深まるのではないでしょうか。 トモズに興味がある学生の皆さんは、「新しい商品・情報にアンテナを張ることと、体力をつけること」に気をつけて、就職活動に取り組んでみてください。お客様の健康をサポートする仕事だからこそ、私も自身の健康を大切にしながら頑張っています。

Tomod’s
Quality

管理栄養士バッジ、管理栄養士手当、からだ測定会など、会社から管理栄養士への期待が感じられる職場環境です。

Career Path

キャリアパス

入社1か月目

4月に入社後、2週間は本部で研修を受けました。社会人になるための心得、ビジネスマナーといった社会人の基本から、店舗業務や商品知識まで、仕事に必要な幅広い知識を身につけました。

入社1か月目~入社7か月目

店舗に配属され、実務をスタート。レジ、売り場管理、栄養・ビューティ相談など、基本的な業務を習得しました。

入社8か月目~現在

1年目の10月に登録販売者の資格を取得し、11月からOTCカウンセリングも開始。薬、栄養の両方の知識を活かし、お客様の健康相談を実施しています。

PAGE TOP