フリーターから、
6店舗を束ねるブロック長へ。
頑張りを評価してくれる
トモズが好きです。

石嶋 ISHIJIMA

2003年度入社 / 店舗運営部 ブロック長

Work Style

2011年にブロック長に就任して以来、複数の店舗のマネジメントを行っています。現在は東急田園都市線沿線の6店舗を担当しており、店舗オペレーションの改善指導や売上管理、本部と店舗の橋渡しに尽力しています。ブロック長として特にやりがいを感じるのは、売上・利益を上げるためのアイデアを見つけ、実現できたとき。たとえばある店舗では、開店直後よりも閉店前のほうが売上が多かったので、開店時間・閉店時間を30分後ろにずらしてみたところ、トータルの営業時間を変えず売上を上げることができました。
過去の仕事の中で一番印象に残っているのは、ブロック長3年目のころ、新橋店の立ち上げに関わったときのことです。新店の場合、店舗のオペレーション、スタッフの採用や商品の展開方法、売価の決定など、様々な方針をゼロから決めるのは主にブロック長の役割です。ブロック長として管理してきた他店舗の各種データや課題解決の事例を元に、店づくりを進めることにはかなり苦労しました。しかし、新店用の物件探しや契約を手掛ける開発部、商品の仕入れや販促に携わる商品部のメンバー、そして店舗のスタッフと協力して新たな店を生み出すやりがいは大きく、運営が軌道に乗ったときの嬉しさは、今も忘れられません。

Strengths

最初にトモズで働き始めたとき、私はフリーターでした。自分で決めた商品の売価や陳列方法次第で売上が変わる仕事の面白さに目覚め、夢中で働いているうちに、正社員登用の声をかけてもらい、正式に入社することになったのです。実を言うと、私は正社員になったときも、店長になったときも、ブロック長になったときも、なりたいと希望を伝えたことはありません。特にブロック長への昇格のときは「自分には荷が重いのではないか」と不安も感じたのですが、今になって思えば、様々な仕事を経験し、成長できたことに感謝しています。このように、真面目に働く人材を公平に評価し、積極的に登用してくれるところは、トモズならではの魅力だと思います。また、ブロック長をしていて実感するのは、トモズが売上至上主義ではなく、お客様からの信頼を重視する会社であること。本部からも売上達成以上に、人材育成や地域のお客様のニーズに応える店づくりを期待されています。1か月、1年といった目先の売上ばかりを追い求めるのではなく、長期的に地域のお客様から信頼していただける店づくりに打ち込めるのは、ありがたい環境だと思います。

Vision

今後もブロック長として、人材育成を中心としたマネジメントに取り組みたいと考えています。私が常に目指しているのは、アルバイトも含めたブロック内の全従業員と密にコミュニケーションを取り、みんなが前向きに働ける職場を実現すること。私自身アルバイト出身なので、そのころのことを忘れずに真摯にフォローを続けていきたいです。将来的なキャリアとしては、商品部、営業推進部、教育部など、全社的な施策を考える部署で働くことにも興味があります。たとえば商品部でしてみたいのは、新商品のプロモーション企画。これまでの店長・ブロック長経験を活かし、「店舗でどのように商品を見せれば売れるか」という現場目線のプロモーションを考案・実施し、それを全社に発信できるというのは、やりがいのある仕事ではないかと思います。
私がこれから入社される方に一番期待するのは、「積極的にコミュニケーションが取れること」。お客様から気軽に相談してもらえるような人材がこれからのドラッグストアには必要とされますし、社員同士のチームワークも仕事の中では非常に重要です。ボトムアップの気風があり、上役が部下の声を尊重してくれるトモズなら、きっと楽しく働けると思います。

Tomod’s
Quality

評価基準が公正で、真面目に頑張る社員、成果を出した社員をきちんと認めてくれる会社です。

Career Path

キャリアパス

入社1年目~5年目

アルバイトから社員に登用。接客、OTCカウンセリングの他、商品の発注や陳列にもアイデアを発揮し、ドラッグストアで働くことの面白さを知りました。

入社5年目~入社9年目

店長に就任。下北沢店、小金井店、大泉学園店で店舗運営業務に取り組む。お客様と接する喜びと、スタッフを育てて自ら店を良くしていくやりがいを感じながら、数値管理やマネジメントの経験を積みました。

入社9年目~現在

東高円寺店 店長を経て、入社9年目に店舗運営部ブロック長に就任。複数の店舗で人材を育成するとともに、売上向上に向けて日々工夫を重ねています。

PAGE TOP