商品の仕入れから
プロモーションまで、
自分のアイデアで
仕掛ける面白さ。

庄司 SYOJI

2003年度入社 / 商品部 チーフ

Work Style

私たちバイヤーの主な仕事は、担当商品の仕入れ業務です。メーカーとの原価交渉、売価設定、さらに導入店舗の選定やプロモーション展開の立案まで、多岐にわたる仕事を任されています。私が担当しているのは、クレンジング、ヘアスタイリング、ヘアカラーなどのコスメタリー商品。数十社のメーカーと商談を重ねながら、シーズンごとに仕入れる商品の数量、価格などを決めています。 担当カテゴリーの商品はトモズ全店の棚に並び、売上や利益を左右することになるため、責任の重い仕事ではありますが、その分、自分の取り組みが良い結果となって表れたときにはやりがいを感じます。
特に印象に残っているのは、ヘアケア商品を担当していたころの出来事。当時流行り始めていた新しい高級シャンプーの導入を会議で提案したところ、ブロック長たちから「売れるはずがない」と反対されました。しかし、粘り強く資料を作ってプレゼンを重ねた結果、ようやく仕入れが実現することに。店頭で展開したエンドプロモーション(陳列棚の中で最も目立つ「エンド棚」で新商品をアピールすること)の効果もあり、予想を上回る売上が出て大成功となったのです。苦労して実現した企画だったので、感慨深いものがありました。

Strengths

トモズで働く魅力の一つは、「性別に関係なく活躍できる場がある」ことではないでしょうか。私自身、バイヤーという責任ある仕事を任せてもらい、産休・育休を経た今も、時短制度を利用しながら希望の職種で働き続けることができています。
私は学生のころからアメリカンファーマシーが大好きだったのですが、その当時から興味を持っていたコスメタリー商品の仕入れに携われているのは、とても幸運なことです。バイヤーとしての目線からトモズの強みを語るとすれば、首都圏をメインに出店していることが挙げられると思います。 トモズは全国チェーンの他社と比べると小規模なドラッグストアですが、そのおかげでメーカーからも、「まずは東京で展開するトモズで新商品を販売し、反響を測ってみよう」と最先端の商品を紹介していただけることがあります。さらに洗練された店舗のイメージが確立されていることもあって、海外の有名メーカーのコスメタリー商材をトモズだけに取り扱わせていただけるようなケースもあります。そういった商品力の強みは、バイヤーはもちろん、販売員や店長にとっても魅力になると思います。

Vision

商品部には、二人の子どもを育てながらバリバリ活躍している女性の先輩がいます。私も先輩を見習い、今後も子育てとバイヤーの仕事を両立し続けていきたいと考えています。バイヤーというと忙しいイメージがあるかもしれませんが、当社ではメーカーとは午後6時以降に打ち合わせをしないというルールがあります。私の場合は時短勤務なので、それよりも少し早い午後4時で退社していますが、他のメンバーがフォローしてくれるおかげもあって、出産前と変わらず仕事に打ち込むことができています。
就職活動中の皆さんはこれから様々な企業を研究することと思いますが、たくさんの企業を思う存分見て、納得のいく就職活動をしてほしいと思います。そしてご縁があればぜひトモズで一緒に働きましょう。トモズは組織の規模が大きすぎず、風通しのよい会社です。私のような一チーフも部長や取締役に直接意見を伝える機会がありますし、「やる前にあきらめてはいけない。まずはチャレンジし、駄目だったなら、その理由を分析し、再度チャレンジすればいい」という前向きな風土があるので、自分のやりたいことを実現していけます。明るい人、思いやりのある人と一緒に働けるのを楽しみにしています。

Tomod’s
Quality

「明るく素直で謙虚で思いやりのある」スタッフがそろっています!

Career Path

キャリアパス

入社1年目

トモズ赤坂店に配属。レジ業務や発注業務など、担当者として一通りの仕事を学びました。秋には念願のアメリカンファーマシー丸の内店に配属。トモズで習ったことに加えて、アメリカンファーマシー独自の装飾やラッピングなど学びました。

入社2年目
~入社4年目

商品部に配属。トモズの化粧品、コスメタリー担当バイヤーとなりました。その後、新店改装チームに入り、主にコーエイ店の改装業務を実施しました。

入社5年目

総務人事部に異動し、総務業務を担当。店舗の用度品発注から社長の秘書的な業務まで幅広い知識を習得しました

入社7年目
~13年目

登録販売者の資格を取得し、再び店舗、コレド日本橋店に配属。半年後店長となりました。初めての店長業務に試行錯誤しながら、必死に店舗の運営を行いました。アメリカンファーマシー新宿店の新店の立ち上げに関わったのち、入社9年目、再び商品部に配属。

入社14年目
~現在

第一子を妊娠し、産休を取得。育休を経て仕事復帰後は商品部に配属され、現在に至ります。時短制度を活用しながら、育児とバイヤー業務の両立に励む毎日です。

PAGE TOP