お客様がワクワクする
ドラッグストアを目指し、
時代を見据えた店づくりに
取組んでいます。

丸山 MARUYAMA

2017年度入社 / 店長

Work Style

別のドラッグストアチェーンから転職して3年目になります。現在は辻堂南口店の店長として、「お客様がワクワクするような楽しいドラッグストア」を目指して店づくりに取組んでいます。
ドラッグストアの使命は第一に、薬の販売を通じてお客様の健康を守ることですが、それだけでは真の地域に根付いたお店にはなれません。お客様に繰り返し足を運んでいただくためには、「トモズに行ったら何か面白い物が見つかるかも」と期待させるような、変化のある売り場づくりが必要です。そのため私は常にコスメ、雑貨などの流行をチェックし、早い周期でバラエティ豊かな新商品を仕入れ、効果的にディスプレイしています。そうした工夫が実って来店客数や売上が上がったときには「お客様に喜んでいただけたのだな」と手ごたえを感じますし、自由にアイディアを活かして店づくりができる環境にはいつも私自身ワクワクしています。
もちろん、利益が出さえすれば良いとは考えていません。まずはしっかりお客様の健康相談に乗り、適切なルールに基づいて薬を販売してこそ、地域の信頼は生まれるもの。その点、トモズは会社として非常に厳格な販売ルールを運用していますし、私たち店長に対しても、売上以上に誠実な店づくりを期待されています。だから私たちも、店づくりに思い切りチャレンジできているのだと思います。

Strengths

私は前職もあるドラッグストアで働いていたのですが、その会社は別の会社に買収され、就業規則や福利厚生が一変し、働きやすい環境ではなくなってしまいました。転職先にトモズを選んだ理由は、ずばり「ES(従業員満足度)」が高いこと。小売業の中には「人件費を最低限に抑えて利益を上げる」という方針の会社もありますが、トモズは現場の適正な人員を店舗に配置しています。そのため社員は無理な残業をせず、休日をきちんと取りながら働くことができます。だからこそ、一人ひとりのお客様に対して丁寧な接客ができ、理想の売り場づくりにも力を注ぐことができるのです。
私はトモズの面接の際にそうしたポリシーを聞き、「同業他社と比べてすごくスマートで誠実だな」と感じましたし、入社後の今も同じ気持ちでいます。たとえて言うなら、トモズは「従業員を“駒”ではなく“ピース”と考える会社」。一人ひとりの社員に対して「君の代わりはどこにもいない、だからしっかり大切にする」という姿勢で接してくれていると感じます。おかげで私も店長ですがワークライフバランスが取れており、残業は月に10時間もしていません。

Vision

私の現在の目標は、店長としてさらに理想の店づくりに全力を尽くすこと。特に大切にしているのが、人材の育成です。店は店長一人でつくるものではありません。むしろ店長はいずれ別の店舗に移るものですから、店長がいなくても店が回るよう、メンバーを育成することこそが大事だと考えています。今の店舗では最近新たに社員が加わったので、彼を次期店長に育てるため、業務の傍ら少しずつ店長業務を教えている真っ最中。人それぞれの性格や考え方に合わせて教育するのは難しいことですが、部下の成長の過程を見られることには強いやりがいを感じます。
私はまだ店長として次のキャリアについて考えるレベルに達していないと考えていますが、事業拡大中のトモズではブロック長への昇進もしやすく、公募に応じて本社勤務に移るチャンスもあります。もし機会があればブロック長にもチャレンジしてみたいです。世の中には「店長から先のキャリアが見えない」という会社もありますが、トモズは従業員の将来を真剣に考え、長く働けるよう環境が整備されている。転職して本当に良かったと思います。

Tomod’s
Quality

働きやすい環境と充実したキャリアプランのおかげで、従業員満足度が高い会社です。

Career Path

キャリアパス

入社1か月目~9か月目

中途入社後、鶴川店に配属。売り場担当者として販売、店づくりを行いながら、トモズの基本ルールや業務を習得しました。

入社10か月目~入社2年目

辻堂南口店に配属。店長として店舗オペレーション全般に従事。前任の店長の方針を受け継ぎつつ、商品力を強化しお客様を楽しませる店づくりに注力しました。

入社3年目~現在

引き続き辻堂南口店に勤務。新たに加わった社員を次期店長候補として教育中。部下の成長を見ることにやりがいを感じています。

PAGE TOP