自店の課題をみんなで
話し合い克服することが、
管理薬剤師として
一番のやりがいです。

阿部 ABE

2013年度入社 / 管理薬剤師

Work Style

昨年から管理薬剤師となり、現在は調剤業務やOTC・サプリメントの相談に加え、管理薬剤師としての各種管理業務を手掛けています。管理薬剤師の仕事は月次処理などの事務作業、シフト作成など多岐にわたり、以前と比べて調剤以外の事務作業がずいぶん増えました。しかし、作成する書類の中には、保健所や薬剤師会等に提出する重要な申請書類もあり、自分の仕事が薬局の存続に役立っていると実感できます。
私が管理薬剤師として特にやりがいを感じるのは、自店の問題点を見つけ、改善策をみんなで話し合って克服し、目標を達成できたときです。
最近実践したのは、患者様が来局されたときなど、調剤室で作業が発生したらその都度みんなが積極的に声掛けをするというルール。「私は今、調剤で手を離せません」「私が行きます」といった意思表示を互いにすることで業務が円滑になり、特定の人に仕事が偏ることがなくなりました。この声掛けのおかげで、薬剤師はもちろん事務員の方も働きやすくなったと喜んでいます。人を管理するというよりは、みんなを盛り立て、楽しく働いてもらえる環境を一緒に作る、そういう管理薬剤師を私は目指しています。

Strengths

薬剤師にとってトモズの強みと感じるのは、薬剤師を大切にする理念や体制がしっかりしているところです。たとえば調剤過誤が起きたとき、ミスをした人や店舗の責任を追及するのではなく、会社全体の問題としてとらえ、原因究明や改善提案が行われます。
また、新人のころから直属の上司だけでなく、それ以外の上席の方とのつながりがあり、困ったことがあれば何でも相談できるところもトモズの良さです。 私も新人のころ、慣れない仕事に悩んでいたとき、先輩方に相談をすることで救われたことがありました。そして、数年かけて様々な店舗で薬剤師経験を十分積んだ後に管理薬剤師になれるキャリアパスも、私にはありがたいものでした。これまで一緒に働いた複数の管理薬剤師、そして調剤スーパーバイザーの仕事ぶりからは多くのことが学べましたし、今、管理薬剤師1年目として楽しく仕事ができているのも、そうした経験のおかげだと思います。
とはいえ、薬剤師として成長するためには各自の研鑽も欠かせません。私は「日々勉強・日々努力。より患者様に近い立場でいること」を信念に、自主的に専門誌を読む、地域の薬剤師会などの勉強会に出席するなど、意識的に勉強を継続しています。

Vision

今後の目標は、まず管理薬剤師として様々な店舗の運営を経験し、より良い調剤室づくりに向けてレベルアップすること。患者様に気持ちよく、気軽にご来店いただける理想の薬局を目指し、そのためにも働く人が全員明るく元気でいられる職場を実現したいと考えています。さらに、近い将来には在宅医療に関わる仕事も希望しています。調剤室で患者様に薬をお渡しするだけでなく、その先のサポートもしてみたいのです。
私の考える薬剤師の使命は、お客様が心身ともに「健康」かつ「豊かな」生活を送れるようサポートすること。だからこそ、医師、看護師、患者様ご家族などと連携して在宅医療を提供し、患者様とそのご家族の生活を支援することが重要だと考えています。就職活動中の学生の方は、自分がやりたいことは何か、どんな薬剤師になりたいかをよく考え、「ここなら理想を叶えられる」と信頼できる会社を選びましょう。「誰かのために、患者様の役に少しでも立ちたい」という想いがあり、そのためにどうすればいいか自ら考え、動きたい方にとっては、トモズは非常に働きがいのある職場だと思います。

Tomod’s
Quality

新人薬剤師を育てる研修制度やキャリアパスが充実しています。4~5年しっかり学んでから管理薬剤師になれるので、安心してマネジメントに取り組めます。

Career Path

キャリアパス

入社1年目

大学病院門前の調剤専門店にて勤務。病院で開かれる勉強会に積極的に参加していました。その後、物販のある大学付属病院の門前の薬局店で調剤業務をしながら、OTCやサプリメントについて学び、幅広い薬の知識を身につけることができました。

入社4年目

クリニックモールが近くにある、1日の処方枚数が多い店舗に異動。近くに住んでいる方が患者様のほとんどであるため、患者様一人ひとりに寄り添って、じっくり向き合うことの必要性を学びました。

入社5年目

小規模の店舗にて管理薬剤師に就任。薬局の責任者として事務作業や、トラブル対応はもちろんのこと、より良い薬局作りについて学んでいます。

PAGE TOP