薬剤師として、
そしてリクルーターとして
多岐にわたる経験を
積むことができています。

石田 ISHIDA

2016年度入社 / 薬剤師

Work Style

現在私は小児科の処方が多い店舗に勤務しています。私が調剤業務を行うときに特に気を付けているのは、ただ薬を用意して渡すだけでなく、患者様の生活支援という観点から積極的なコミュニケーションを取り、患者様の不安を取り除くことです。その点で今も苦い思い出として残っているのが、新人時代に初めて投薬業務をしたときのこと。耳慣れない漢方薬を処方することになり、患者様との会話が自信のないものになってしまったのです。それ以来、「患者様のためにもっと知識を深め、不安を与えない接し方をしよう」と意識的に努力するようになりました。
最近の調剤業務で心に残ったのは、ミルクを分解できず下痢をしてしまう症状の赤ちゃんを持つ、お母さんとの会話です。投薬時、その方が何となく不安そうな顔をされていたので「何か気になることはありますか?」と話してみると、「この子はいつまでもミルクが飲めないままなんでしょうか」と気持ちを打ち明けてくださいました。そこで「大きくなったら良くなるのでご安心ください」とお伝えしたところ、にこやかな笑顔になってお帰りになりました。薬学の知識を活かし、お客様の健康だけでなく心も支えることができる。それは、この仕事ならではのやりがいだと思います。

Strengths

トモズの魅力は、薬剤師としての仕事はもちろん、それ以外の多岐にわたる業務を経験するチャンスがあるところだと思います。たとえば現在、私は薬剤師として調剤業務を行うかたわら、リクルーターとして学生の採用活動にも携わっています。私がリクルーターをしてみたいと思った理由は、調剤室の中からは見えないもっと広い世界を見て、仕事の範囲を広げたかったからでした。リクルーターの主な役割は学生向けの合同説明会でプレゼンをしたり、質問に答えたりすることですが、その仕事に備えてまずは本部で手厚い研修を受けることができます。この研修ではプレゼン技術だけでなく、現代日本における薬剤師の在り方や法制度の動向など幅広い知識が身につき、とてもためになりました。
先日、ある大学の合同説明会に参加したときも、研修のおかげでスムーズにプレゼンができ、学生からの反応も非常に好評でした。また、リクルーター活動を通じて学んだコミュニケーションスキルは、調剤室での業務でも役立っています。患者様に説明を聞いてもらうときの話し方や、調剤室内でのチームワークの取り方などを、これまで以上に意識しながらできるようになったと感じます。

Vision

今後、私は薬剤師業務のみならず、法律的、経済的な大きな視点から会社の運営について学んでいきたいと考えています。もともと私は調剤業務にとどまらない様々な経験を積みたいと思っていたのですが、リクルーターとしてドラッグストア業界の全容、その中でのトモズの経営戦略を深く知るにつれ、いっそう「どうすればトモズが今後生き残り、成長していけるか」ということに興味を持つようになりました。まずは管理薬剤師として調剤室の運営に携わり、その後は本部マネージャーとして会社経営の中枢に近い場所で働きたい、というのが私の希望です。
学生の皆さんにアドバイスしたいのは、薬学部の就職活動は対象の業種が狭い範囲になりがちですが、まずは固定観念を外して様々な会社を見てほしいということ。その上で、自分が本当に進みたい道を決めていけば良いのではないでしょうか。私が個人的にトモズをお勧めしたいポイントの一つは、ワークライフバランスが取れる環境であること。トモズは首都圏外への転勤はありませんし、労務管理もしっかりしているので、学生時代からの趣味であったアイスホッケーを入社後も続けています。薬剤師として、社会人として、自分らしい生き方ができる環境だと感じています。

Tomod’s
Quality

上司との関係がとても風通しが良い会社です。店舗内の上司・先輩はもちろん、本部の社員ともフランクに話しやすい環境です。

Career Path

キャリアパス

入社1年目

新人研修を受講後、店舗へ配属。自信を持って投薬できるよう、薬の知識や服薬指導の技術を先輩から学びました。

入社2年目

店舗で後輩の指導をする指導薬剤師を任され、先輩としての自覚が芽生えてきました。

入社3年目

管理薬剤師を目指して調剤室内の諸業務をこなすかたわら、6月からはリクルーターとして採用活動にも参加。プレゼン技術や会社組織の在り方なども学んでいます。

PAGE TOP