エリア内の全薬剤師が、
より働きやすい
調剤室づくりを目指して。

木島 KIJIMA

2005年度入社 / 薬剤部 調剤スーパーバイザー

Work Style

6店舗の管理薬剤師を経たのちに、調剤スーパーバイザーに就任しました。調剤スーパーバイザーの役割は、エリア内の店舗の調剤室、薬剤師を管理すること。会社が定めたルールに沿って調剤業務ができているかどうかのチェック、調剤室内の整備、管理薬剤師のフォロー、エリア内での応援人員の配置など、多岐にわたる仕事をしています。調剤スーパーバイザーにとって最も重要なミッションは、エリア内で起こる調剤過誤を減らすこと。調剤過誤が起きたときには薬剤師を責めるのではなく、調剤スーパーバイザーが集まる本部の会議でその原因を検証し、対策を考えて施策を実行します。
私が考える理想の調剤室は、調剤過誤がなく、患者様の待ち時間が少ない調剤室です。そのため、少しでも薬剤師が効率的に働けるよう、調剤室内を整理整頓したり、導線に無駄のない薬の配置を考えたりといった工夫を重ねています。「速く丁寧な調剤を目指す」という仕事への姿勢をスタッフに示すため、私自身も積極的に調剤に参加します。そうした取り組みが成功し、患者様の待ち時間が減ったときには達成感を感じます。こうした改善は患者様の満足度を上げることにはもちろん、働く薬剤師のストレス軽減にもつながると考えています。

Strengths

トモズは薬剤師の成長を重視している会社です。新入社員は複数の先輩薬剤師のいる店舗で数年間働き、十分な経験を積んでから管理薬剤師になることができますし、その先にも調剤スーパーバイザーや本部マネージャーといった多彩なキャリアパスが整備されています。もちろん私たち調剤スーパーバイザーも、現場の薬剤師の働きやすい環境づくりに注力しています。たとえば残業が多い薬剤師がいたら、それを減らすよう店舗での働き方を見直しますし、調剤室内でコミュニケーションが十分取れていないような場合には、薬剤師たちの相談に乗り、適切にアドバイスをします。そうした取り組みがうまくいき、「木島さんが店を見てくれるようになってから働きやすくなりました」といった声が現場から聞こえてきたときには、調剤スーパーバイザーならではのやりがいを感じます。さらに、現在トモズでは、薬剤師の教育制度のさらなる充実に向けた大幅な改革が行われているのですが、私もこれに参加して新たな教育方針や研修カリキュラムの作成に取り組んでいます。これからのトモズがますます薬剤師にとって働きやすく、成長のチャンスに恵まれた会社になっていくことに、私も期待しています。

Vision

今後の私の目標は、プライベートも充実させながら、楽しく仕事を続けること。実際、残業は必要以上にせず、4年ほど前からは月3~4回海に出てウィンドサーフィンを楽しんでいます。上司である私を見た部下の薬剤師たちが「あんな風になりたい」と思うようになり、きちんと休みを取って楽しく働いてくれれば嬉しいです。もちろん、部下の労務管理は私個人としても徹底していますが、会社全体としてもコンプライアンスは非常にしっかりしているので、どのエリアに配属されても安心して長く働けると思います。
私が就職活動中の学生の皆さんに伝えたいのは、「たくさん情報を集めて視野を広げ、たくさん悩んでください」ということ。そして一緒に働きたいのは「積極的な人」です。薬剤師は調剤過誤をなくすことが求められる職業なので、ともすると言われたことだけをやる「守りの姿勢」に入ってしまいます。しかし、自発的に取り組む姿勢があったほうが仕事を早く覚えられますし、患者様にも速く正確に薬をお届けできるはず。そうした積極的な人材がきちんと評価され、キャリアアップを目指せる風土が、トモズにはあります。

Tomod’s
Quality

売り場はもちろん調剤室もきれいで、働きやすい職場です。コンプライアンス遵守を徹底し、安心して長く働ける会社です!

Career Path

キャリアパス

入社1年目~2年目

調剤業務を主としてOTCのカウンセリング販売に従事。学生時代に学んだ医療用医薬品の知識に加え、OTCの知識も強化することができました。

入社3年目~入社8年目

管理薬剤師として、調剤と調剤室内のマネジメントに従事。様々な個性、年齢の薬剤師を相手に指導や教育をする難しさや、チームワークの大切さを学びました。

入社9年目~現在

6店舗の管理薬剤師を経て、調剤スーパーバイザーに就任。現在は5店舗の管理に携わっています。「人に優しく、常に患者様に寄り添える薬剤師」の育成を目指し、日々の業務に励んでいます。

PAGE TOP