患者様に寄り添う
薬局づくりを通じ、
日本の医療制度にも
貢献していきたい。

野村 NOMURA

2016年度入社 / 薬剤師

Work Style

入社して3年目となる現在、私は基本的な調剤業務や相談業務に加え、管理薬剤師の補佐業務にも取り組んでいます。セルフメディケーションが始まった今、これからのドラッグストアは今まで以上に地域の身近な医療機関として病気になる前の治療に関わる必要があります。そうした時代の流れの中で、私たち薬剤師には薬学の知識だけでなく、高いコミュニケーションスキルも求められています。そのため私が日々仕事をする中で大切にしているのは、会話を通じて患者様の悩みに気づき、それを解消することです。特に印象に残っているのは、1年間ほど服薬指導を続けていたある患者様のこと。その方はあるとき私の名前を呼んでくださり、「あなたが説明してくれると、安心して聞ける。いつもありがとう」と言ってくださったのです。そのときは本当に嬉しくなり、励みになりました。
さらに現在の医療業界には薬の飲み残しによる医療費の圧迫が問題となっています。薬剤師には残薬調整を積極的に行い、医療費の削減を目指すという新たな役割も期待されています。患者様に信頼いただき、ご自宅に残った薬の数をお話しいただけたときには、患者様の健康と同時に、日本の医療制度という大きな枠組みにも貢献できたというやりがいを感じます。

Strengths

トモズの魅力の一つは、ほとんどの店舗が「門前薬局」ではなく、多くの医療機関からの処方箋を取扱う「面分業」で運営されていること。しかも、他のドラッグストアと比べて売上全体に占める調剤の売上比率が高いので、薬剤師にとっては豊富な調剤経験を積み、スキルを磨きやすい環境といえます。私が勤める神奈川県の大型ショッピングモール内にある店舗でも、近隣の多くの病院やクリニックから処方箋を受けていますし、大型ショッピングモール内にあるためか関東以外の遠方から処方箋をお持ちになる患者様もいらっしゃいます。
そのため目にする処方箋の種類も多く、内科、眼科、循環器科、糖尿病内科、歯科、リウマチ科など、実に幅広い薬の知識を身につけることができました。さらにトモズには、OTCやサプリメントの取り扱いが充実しており、セルフメディケーションの推進がしやすいという強みもあります。私も実はNR・サプリメントアドバイザーという資格を自主的に取得しており、サプリメントや健康食品に興味をお持ちのお客様からの相談にも積極的に応えるようにしています。医療用医薬品、OTC、サプリメントの知識を駆使した、トータルな提案を通じて患者様の健康を支えることができればと思っています。

Vision

今後の目標は、管理薬剤師として働くことです。私が理想としているのは、「患者様が来局しやすい薬局」。正確な調剤はもちろん、すべての患者様のお気持ちを大切にした丁寧なフォローができる店舗にしたいです。そしてそのためには、薬剤師が働きやすい職場づくりも欠かせません。今の店舗の管理薬剤師は部下の意見を尊重してくれる方で、私も調剤室内の備品の配置換えといったアイデアを発信・実施し、職場環境の改善に貢献できています。私も将来はその方のように、部下・同僚から信頼される管理薬剤師になりたいです。
就職活動中の学生の皆さんは就職先選びに迷うこともあるかもしれませんが、必ず自分に合った会社はあると思います。私が考える「トモズに合う人」は、「素直な人」です。人の意見を素直に聞き、自分の意見も素直に言える。そんな風に積極的にコミュニケーションが取れる方にとって、トモズはチャンスにあふれた会社だと思います。たとえば私も昨年から学生の採用に携わるリクルーターとして活動し、自主的に参加した社内学会で研究内容を発表するなど、新しい経験を積ませていただいています。皆さんもぜひ、自分のやりたいことを見つけ、実現してください。

Tomod’s
Quality

リクルーター制度や社内学会制度など、意欲次第で調剤業務以外の多彩な経験を積むことができます。

Career Path

キャリアパス

入社1年目

半年間CROで働いたのち、トモズに転職。ドラッグストアは初めてでしたが、調剤業務に関わる研修やOTC販売のための研修を受け、基礎を身につけることができました。

入社2年目

店舗で薬剤師として勤務しつつ、学生の採用に関わるリクルーター活動にも参加。リクルーター向け研修でプレゼン技術を学び、コミュニケーションスキルが向上しました。

入社3年目

管理薬剤師の補佐業務や、新人薬剤師の指導も開始。管理薬剤師就任を目指し、調剤室内のマネジメントにも気を配りながら仕事に取り組んでいます。

PAGE TOP