大手ドラッグストアでの
勤務経験を活かし、
トモズのサービスを
より良いものにしたい。

小野 ONO

2018年度入社 / 薬剤師

Work Style

大手ドラッグストアからトモズに転職し、現在は大型ショッピングモール内にある店舗で調剤業務全般に携わっています。トモズにおける薬剤師の役割は、地域住民の健康をサポートし、最も身近な医療機関として頼られる存在になること。トモズは創業当初から「かかりつけ薬局」を目指すという理念を明確に掲げており、現場の薬剤師にもそうした働き方が期待されていると感じます。特に私が仕事をする上で大切にしていることは、薬の説明だけにとどまらず、必要があれば患者様のライフスタイルを見直し、薬を一つでも減らしていただけるような提案をすることです。たとえば高血圧、高脂血症、糖尿病といった病気は、食事・運動などの生活習慣を見直すことで改善できるので、患者様から普段の生活についてお聞きし、アドバイスをするようにしています。また、多剤処方を受けている患者様のなかには、薬に対する猜疑心や不安から意図的に薬を飲み残されている方もいらっしゃいます。そうした方に、病気治療のために薬の服用が必要であると説明することも薬剤師の役割の一つ。私の話を聞いてご納得いただき、薬を飲んでいただけるようになったときは、嬉しく思います。

Strengths

私がトモズに入社する前に働いていたドラッグストアは、全国に多数の店舗がある大企業でした。もちろん当時から、調剤業務とOTCによるセルフメディケーションを推進できるドラッグストア業務にはやりがいを感じていましたが、その会社ではキャリアアップに伴い別の地方に異動するという習慣があり、実は私もその判断を迫られる時期に差し掛かっていたのです。就職して以来ずっと首都圏で暮らしてきた私は、この先も転居を伴う異動はしたくないと考え、転職を考えました。そのとき、トモズでは首都圏のみの店舗展開をしており、基本的に自宅から通える店舗に配属されるというルールが整っていることを知りました。ずっと首都圏で安心して働けるという魅力が、私がトモズを選んだ決め手です。さらに、以前の会社では薬剤師も一般商材の品出しやレジ打ちをするのが当たり前だったのですが、トモズの薬剤師は調剤業務に集中することができます。おかげで、今では地域のお客様の健康を守るという本来の役割に打ち込むことができ、快適に働けています。

Vision

トモズには入社して間もない私ですが、ドラッグストアでの勤務経験が長かったため、転職後もスムーズに現場で仕事ができていますし、後輩を指導することにもやりがいを感じています。今後の目標は、これまで別の会社で経験してきたことをさらに活用し、トモズの店舗をより良いものにしていくこと。たとえばトモズでは過誤を減らすためのマニュアルや設備が整っており、真面目で優秀な薬剤師が数多く在籍していますが、もっと視野を広げて患者様への積極的な提案ができるようになれば、さらに素敵なドラッグストアになるに違いありません。近い将来、私は管理薬剤師になり、そうした自分なりの理想の店舗づくりに取り組みたいと考えています。そして、もしもチャンスがいただけるなら、調剤スーパーバイザーや本部マネージャーといったさらなる上級職にもチャレンジし、会社全体の方向に関われる人材に成長したいと考えています。学生の皆さんは今、「病気を抱えた患者様のために役立ちたい」という信念を持って勉強に打ち込んでいる時期だと思います。どうかその熱い気持ちを持ち続け、一緒に医療の一端を担う薬剤師として頑張りましょう。

Tomod’s
Quality

店舗が首都圏の立地の良い場所にあるので、通勤の負担が少なく、転居を伴う店舗異動はありません。

Career Path

キャリアパス

入社1か月目

転職して最初に配属になった店舗は処方せん枚数が多く複数名の薬剤師がいる店舗でした。始めの頃は店舗で比較的な簡単な調剤業務を行いながら、定期的に本部で研修を受けてトモズの社内ルールを学んでいきました。

入社2か月目

調剤に加え、投薬業務も開始。トモズのルールにも慣れ、お客様の悩み事を伺ってアドバイスをするといった仕事もできるようになってきました。

入社3か月目

調剤・投薬・監査という基本業務に加え、店舗の開店・閉店、発注作業など、店舗運営全般に幅広く携わるようになりました。今後はさらに、より患者様を大切にする店舗づくりに貢献していきたいです。

PAGE TOP