退院後の患者様も
しっかりフォローできる、
病院勤務にはない
やりがいを感じます。

佐藤 SATO

2017年度入社 / 薬剤師

Work Style

約3年間、700床規模の病院で薬剤師として勤務したのち、トモズに転職してきました。病院勤務のころは、入院患者様を対象として調剤業務をしていたのですが、退院後の患者様がどうされているかまではフォローすることができません。ご帰宅後に適切に服薬をされなかったなどの理由で、一度退院した患者様が再び戻ってこられる、ということも度々ありました。長期的に患者様の健康を守るために、退院後の患者様や入院前のお客様まで薬剤師としてフォローしたい、そう考えたのがドラッグストアで働こうと思った理由です。現在私は調剤業務全般を担当していますが、入社前にしたいと思っていた退院後の患者様に対する服薬指導や、健康相談を積極的に行っています。お薬の飲み忘れがないかのチェック、ご高齢の患者様のために複数の内服薬を一包化するといった取り組みの結果、来局された患者様が以前よりも元気になられているところを見ると、嬉しく思います。また、「体調が悪いけど、病院に行くべきか判断がつかない」という患者様の相談に応じ、適切なOTCをご提案することで健康を守れるのも、病院勤務にはなかったやりがいです。

Strengths

私が病院からドラッグストアへの転職を考えていたとき、多数のドラックストアの中でトモズを選んだ理由は、研修制度が充実していることでした。調剤業務については病院時代にも経験していたのである程度知識がありましたが、ドラッグストアではこれに加えてOTCやサプリメントの知識も必要となります。その点、トモズでは中途入社の薬剤師も定期的に研修を受けることができるので、医療用医薬品、OTC両方に関する新しい知識を身につけられます。今では私も、医療用医薬品とOTCを適切に組み合わせた服薬指導ができるようになりました。また、トモズでは調剤手順がしっかりマニュアル化されているので、私のような転職者でもすぐに店舗の業務に慣れることができますし、繁忙期に他店舗のサポートへ行く場合や来てもらう場合にも、店舗ごとの違いに戸惑うことなくスムーズに働けます。おかげで他店舗の薬剤師との連携がよくなり、私も短期間で多くの先輩方と打ち解けることができました。さらにトモズは、働きやすい環境づくりにも力を入れている会社でもあります。夜勤や残業が多かった前職と比べると、プライベートの時間も多く取れるようになりました。

Vision

これからのドラッグストアは、近隣に暮らす方々が病院に行く前に、気軽に健康に関する相談をしていただけるような「かかりつけ薬局」を目指していくべきだと思います。そうした「地域医療」の一環として、トモズでは薬剤師が在宅療養患者の御自宅を訪問し、服薬を支援するサービスを手掛けています。これにより、患者様の生活環境に沿った服薬指導を行い、誤飲や飲み忘れなどを防止しやすくなるわけです。私は将来的に、こうした在宅医療にも携わってみたいと考えています。病院に勤務していたころ、退院後に再び体調を崩される患者様を多く見てきたのですが、直接訪問してサポートすることで、そうしたケースを減らせるのではないかと期待しています。直近の目標は、管理薬剤師になること。患者様の健康を第一に考え、お客様に気軽に立ち寄っていただけるような明るいお店を作りたいです。就職活動中の学生の皆さんや転職をしようと企業選びをしている方にお勧めしたいのは、「就職したあとの10年後、20年後に自分がどんな仕事をし、どんなライフスタイルを実現していたいのかを想像する」こと。トモズならワークライフバランスが取りやすく、研修やキャリアプランもしっかりしている会社なので、長く安心して働けると思います。

Tomod’s
Quality

調剤技術研修、フォローアップ研修など、研修制度が充実しています。

Career Path

キャリアパス

入社1か月目

店舗で調剤業務をこなしながら、月に何度か本部で研修を受けました。店舗勤務は初めてでしたが、マニュアルが整備されているのでスムーズに業務を覚えられました。

入社2~3か月目

基本的な業務フローを覚え、調剤業務に取り組みました。ご高齢の患者様、手が不自由な患者様向けの一包化業務にも携わり、地域の患者様の健康に貢献しているという手ごたえを感じることができました。

入社4か月目~現在

調剤、監査、投薬という薬剤師としての基本業務をマスターし、調剤室で日々経験を積んでいます。患者様からOTCに関する相談を受け、アドバイスをする機会も増えてきました。

PAGE TOP