Training
Program

研修プログラム

株式会社トモズには様々な研修制度が整っています。
仕事に必要なスキル、知識を入社してからしっかり身につけることができます。

01

社会人としての基本を身につける

まずは社会人・組織人としてのビジネスマナーやルールをしっかりと理解します。
トモズの社員として必要な商品知識やスキル、お客さまとのコミュニケーション力の習得など、
現場ですぐに生かせる基礎力を養成します。

  • 入社1年目
  • 2年目
  • 3年目
  • 4年目
  • 5年目
  • 10年目以降
  • 基本研修
    年次階層別研修
    店舗マネジメント
    社内資格認定
    商品基礎講座(OTC)
    年次階層別研修
    CS研修(接客接遇研修)
  • 年次階層別研修

    社会人として、薬剤師としての基礎を固めるための研修が5年間、用意されています。トモズではじっくり時間をかけて、入社した皆さんを育てていく環境が整っています。

  • マネジメント講座

    ドラッグストアの経営や店舗作りの知識を学ぶ研修です。ドラッグストアってどうやって利益を上げているんだろう。出店のポイントは何だろう。ドラッグストアで働く薬剤師として、知っておきたい内容を学びます。

  • 商品基礎講座(OTC)

    調剤併設型ドラッグストアの薬剤師は処方箋薬の知識だけでは足りないから不安を感じられる方も多いと思います。でも安心してください!商品基礎講座はOTCやサプリメントなどの知識だけでなく、商品売り方のポイントなど、すぐに現場で生かせる内容を学ぶことが出来ます。

  • CS研修(接客接遇研修)

    トモズで働く上で、患者様とのコミュニケーションや接客は極めて重要です。患者様やお客様とスムーズな接客が出来るよう、接客接遇研修を用意しています。

02

専門スキルを高める

1年目は全員が調剤の基礎研修を受けスキルをみがきます。
その後調剤技術をさらにスキルアップさせるための研修や管理薬剤師研修など、薬剤師育成のための研修を重ねていきます。
また会社が費用を負担して研修認定薬剤師資格取得のための薬剤師Webラーニングの受講もできます。
そしてOTCに関する知識も習得します。

  • 入社1年目
  • 2年目
  • 3年目
  • 4年目
  • 5年目
  • 10年目以降
  • スキルアップ研修(薬剤師)
    調剤基礎研修
    薬剤師Webラーニング(研修認定薬剤足資格取得、更新など)
    調剤技術研修[疾患 過誤防止 服薬指導 ほか]
    調剤技術研修[疾患 過誤防止 服薬指導 ほか]
    新任管理薬剤師研修
    管理薬剤師研修
    実務実習指導薬剤師育成研修
    OTC研修(薬剤師用)
  • 調剤基礎研修

    一年目の薬剤師が継続的に受ける研修です。配属された店舗で安心して業務に取り組めるよう、監査や投薬などに役立つ処方箋薬の知識を幅広く学ぶことが出来ます。

  • 調剤技術研修

    3~4ヶ月に一回、定期的に受ける研修です。継続的に薬の知識をアップデートし、さらにグループディスカッション等を通じて薬剤師のスキルを磨いています。

  • 薬剤師Webラーニング

    かかりつけ薬剤師の用件である研修認定薬剤師の資格を取得するためのWEBラーニングは、全て会社負担で受講することが可能です。通勤途中など空いた時間に学ぶことができるのもWEBラーニングのメリットです。

  • 新任管理薬剤師研修

    管理薬剤師は通常の業務だけでなく調剤室のマネジメントも必要です。初めて管理薬剤師になった方でも安心して業務が勤まるように新任管理薬剤師向けの研修を用意しています。

  • 管理薬剤師研修

    管理薬剤師は月に1度集まり、調剤過誤防止や、薬の知識のアップデートなど、様々な内容を学びます。

  • OTC研修

    OTCのラインナップは日々変化しています。OTC薬を適切に販売できるよう、OTC研修を用意しています。

03

自らの意欲に基づいて能力を高める

トモズでは自己研鑽プログラムとして、薬剤師WEBラーニングや健康や美容に関するアドバイザー、
漢方勉強会などの研修会やセミナーへの出席を希望する人には受講費用の一部を負担しています。

  • 入社1年目
  • 2年目
  • 3年目
  • 4年目
  • 5年目
  • 10年目以降
  • 自己研鑽プログラム会社補助
    薬剤師Webラーニング / ヘルスケアアドバイザー / ビューティケアアドバイザー/ サプリメントアドバイザー / 漢方勉強会 / ファーマシーセミナー / 国際救急蘇生法習得セミナー 他

※受講費用の50~70%を補助

PAGE TOP